「オートバイ文化」から見る日本の暴走族

ものの一世代で、古い封建時代から産業革命時代へと発展してきた日本ですが、社会や文化、思想には、より早く遠くへと駆り立たせる何かがあるように思えます。たとえば、暴走族は、日本の独自性を象徴していますよね。

改造バイクを乗りこなす暴走族は、1950年代、工業化された都市郊外でこっそりと誕生しました。そこから、今や4万人以上のメンバーを抱える若者文化へと成長した暴走族は、特段の理由もなく、社会に反逆する若者集団として認識されています。がしかし、特徴的なオートバイの改造スタイル、派手な衣装、行動規範から生まれた、伝統と遺産を受け継ぐ存在としても定着しています。

私たちが知るような現代日本は、今から70年前には存在していませんでした。20世紀後半から21世紀初頭に起きた技術革命とは裏腹に、第二次世界大戦で敗戦したことにより、日本は荒廃しました。終戦直後、産業や商業分野への投資は行われていましたが、世界大戦でギリギリまで追い込まれた庶民の社会生活を復興させるための投資は、ほとんど行われていなかったのです。

神風特攻隊を含む、元空軍パイロットは、戦後社会から取り残されていました。かつては、社会から敬われ、危険が隣り合わせの極限生活に慣れていた彼らは、一堂に会し、カミナリ族を結成。彼らは、週末に一緒に村や都市をツーリングすることで、以前のような、深い友情と危険に満ちた生活を再現し始めたのです。そして、戦争を経験した世代は徐々に衰退していき、1960年代から1970年代には、戦争を経験していない若者へと世代交代しました。

若者の新鮮なエネルギーにより、カミナリ族はメンバーを増やし、年配ライダーの集まりから、栄光ある全国的な活動へと変貌を遂げました。こうして彼らの存在は、「暴走族」と名付けたメディアによっても大きく知られるようになったのです。

社会全体が発展し、より海外に開かれてきていた反面、暴走族文化は、伝統的な価値観と行動規範にこだわり続けていました。暴走族のメンバーが、どのように行動すべきか定めた厳格な規律により、独自の社会構造とネットワークが形成されました。

もちろん、法律に違反し、警察とぶつかることは、その中では容認されましたが、一方で、一部の暴走族は、一般市民を傷つけることは非倫理的であると定めていました。ある族が別の族に襲撃された時、自分の族を守る戦いは命がけでした。縄張り争い、誘拐、そして死さえも、一般的になってしまっていたのです。

暴走族は、このようにアウトローな生活に魅了された集団ではありますが、元暴走族メンバーは、暴走族がもたらした利点についても指摘しています。

当時、日本国内に急速に浸透していた、西洋のビジネススーツとネクタイを着る新たな文化に逆らい、暴走族は、軍服をベースに作られた特攻服を着ています。それにより、祖先と伝統に敬意を払い、独自のスタイルとアイデンティティを確立した、ということです。